髙山 貴久美 & 刑部 優美帆(Kikumi Takayama & Yumiho Osakabe)

Profile

一般社団法人 イマジン・ワンワールド

髙山貴久美(Kikumi Takayama)
一般社団法人 イマジン・ワンワールド 理事
福岡県久留米市生まれ。当時、設立2年目だった立命館アジア太平洋大学に入学。世界各地(当時90カ国近く)から集まる国際学生が半数を占め、教員も半数が外国籍という多文化・多言語の環境に身を置いたことが、日本のすばらしい文化のひとつ「着物」を見直すきっかけとなった。時代の変化で「この人にしかできない」職人技が失われつつある現状を憂い、2020年東京オリンピックに向けて、職人たちの手で196カ国を着物で表現、それを着て日本でおもてなししようという「IMAGINE ONE WORLD KIMONO PROJECT」を高倉慶応氏とともに立ち上げ。2014年11月、先行して制作されたブラジルや南アフリカなど6カ国分を披露するショーを東京・日本橋で開催した。

刑部優美帆(Yumiho Osakabe)
一般社団法人 イマジン・ワンワールド
蝶屋株式会社
静岡県湖西市生まれ。静岡県立湖西高等学校卒業後、自動車工場に7年勤めながら、外国人バーで働く。いろいろな国の方に出会い、それぞれの国の良さとともに、日本の良さを知る。日本について自分で語れるものを持ちたいと、Facebookで知り合った久留米の呉服屋を伝って着物の世界へ。世界へ向けての友好、平和のメッセージでもあり、呉服業界としてのチャレンジでもある「IMAGINE ONE WORLD KIMONO PROJECT」の一員として、世界に日本文化を発信しようと挑戦を続けている。

一般社団法人イマジン・ワンワールド「着物 -KIMONO- プロジェクト」
【公式HP】http://piow.jp/
【公式】https://www.facebook.com/imagineoneworld

■メディアでの紹介
NHK WORLD(English) A Kimono for Each Country
TOKYO MX 着物でおもてなし 五輪参加国をイメージした着物ショー
共同通信 五輪参加国のイメージ着物を披露 都内で6カ国分
RKB毎日放送 東京五輪に向け“6か国の着物”完成(11/11放送)


一覧に戻る