2016

TED(テド)カンファレンスとは?(1984〜)

「Ideas Worth Spreading(価値あるアイデアを広めよう)」というスローガンの元、1984年にアメリカ西海岸でスタートしたTEDカンファレンス。TEDとは、Technology、Entertainment、Designの頭文字を取ったもので、「将来的に3つの要素がつながり、新しい未来が生まれる」という設立当初の予見に基づいています。現在は3要素にとどまらず、あらゆる最先端のアイデアを発表するイベントとして、「TEDカンファレンス」が毎年開催されています。
TEDカンファレンス

時を重ねる中で、TEDカンファレンスは伝説的な発表の舞台となってきました。著名、無名を問わず、世界中から優れたアイデアを持つ人間を集め、刺激的なイベントを開催することで、世界中の教養人・リーダーたちから熱い支持を受けています。近年ではアメリカ元副大統領のアル・ゴア氏や、マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏による講演も行われました。「Ideas Worth Spreading」の思想を忠実に体現しながら、世界に最も影響を与えるイベントの一つとして確固たる地位を築いているのがTEDカンファレンスです。

TEDx(テデックス)とは?(2009〜)

TEDxとは、TED同様「Ideas Worth Spreading」の価値観のもと、理念に賛同した各地域の意欲ある主催者によって、世界各都市で独自に開催されるイベントです。厳選されたスピーカーによる講演やTEDTalksのビデオ鑑賞を中心としたプログラムを組み、新たなつながりや熱い議論を生み出すことを目的としています。
TEDxイベントは、2009年より、ニューヨーク、パリおよびロンドン、東京、京都、ドバイのような大都市、そしてモスクワ、台北、ベルリンおよびクアラルンプールといった都市で137か国および1400都市で開催されています。
TEDxの「x」は、各地域で独自に運営されているTEDプログラムであることを意味し、TED本部から全体の方針は提供されるものの、それ以外のコンテンツは全て独自に作成されます。TEDカンファレンスの魅力の一つである、参加者どうしの新たな出会いや、議論を楽しむことも包括し、人生を変えるような熱い体験を世界中で提供できるようにするために始まったのがTEDxプログラムです。

TEDxShizuokashiとは?(2016)

静岡市民に未来につながるインスピレーションを!
そんな思いで始めたTEDxShizuokashi。
2016のテーマは ADDICT です。

直訳すると「中毒者」だけれど、
ここで言うADDICTは、
addicted to □(□に熱中して、夢中になって)
という意味です。

今回はどんなアイデアを共有しようか、
どんな登壇者に話してもらおうか、
コアスタッフで話し合っていたときのことです。
私が何気なく発した「実績があって、がんばっている人」という一言に、
オーガナイザー 小林賢太郎が疑問を呈しました。

「その人は、本当にがんばっているんだろうか?」

ハッとさせられました。
確かに傍から見たら、がんばっているように見えるかもしれない。
でも本人は、やらなければならないことを嫌々やっているわけではない。
ただただ夢中になって、
ふと気づいたらそうしていたということなのかもしれない、と。

登壇者の方々との打ち合わせを重ねていくうちに、
その仮説は当たっているという思いを強くしました。

TEDxShizuokashi 2016では、
たくさんの ADDICT が登場します。

彼らの話に耳を傾けて、彼らと語り合って。
彼らを突き動かしている何かを感じながら、
あなたもすでに持っている
あなたなりの「熱中ポイント」に
気づいていただけたらうれしいです。

共同オーガナイザー/チーフ・キュレーター
奈良岡将英