2016/12/4 sun SARNATH-HALL



静岡県静岡市葵区御幸町11-14
サールナートホール Google Maps


Facebook

TEDxShizuokashi
TEDxShizuokashi shared 熱海リノベーションまちづくり's event.水曜日, 1月 31st, 2018 at 4:24pm
TEDxShizuokashi登壇者の市来さんが、ATAMI2030会議を開催!
   View on Facebook
TEDxShizuokashi
TEDxShizuokashi shared their post.火曜日, 1月 16th, 2018 at 4:34pm
阪神淡路大震災から生まれた「減災」という言葉。

同じような被害が少しでも減るように、「命を守れる」人を増やす活動を続ける江夏さん。

NPO法人 減災教育普及協会を立ち上げ、引き続き活動を行なっています。

震災被害者の方々のご冥福を。そして、震災被害が少しでも減りますように。
TEDxShizuokashi
TEDxShizuokashi
【TEDxShimizu2015 プレゼンテーション動画紹介】 セッション2-2 「間違いを極めた日本の防災教育」(13:56) 江夏 猛史 ・NPO法人 減災教育普及協会 理事 ・日本減災対策株式会社 代表取締役 阪神淡路大震災での友人の不幸をきっかけに地震対策の道を歩んできた江夏猛史さん。大震災の爪痕から学んだ事は、「これまでの防災教育の限界」と「これから必要な減災教育」でした。 特に、TEDxShimizuの開催地である静岡は、古くから地震対策に力を入れている地域。その習慣やプライドが、実は死や被害を近づけることになるのかもしれません。 私たちの盲点は。そして気づくべき事とは。 震災から自分を守る。大切な人を守る。そのアイデアがここにあります。 https://youtu.be/Om_U8197tpk
3 1    View on Facebook
TEDxShizuokashi
TEDxShizuokashi shared 静岡デザイン専門学校's event.水曜日, 1月 10th, 2018 at 11:06pm
   View on Facebook
TEDxShizuokashi
TEDxShizuokashi木曜日, 10月 19th, 2017 at 5:17pm
→2018
9 1    View on Facebook
TEDxShizuokashi
TEDxShizuokashi木曜日, 9月 28th, 2017 at 2:00am
TEDxの開催は、ライセンス取得が必要で、そのブランドは世界中の善意ある多くの方たちの不断の努力により維持されています。
http://developer.ted.com/Branding_Guidelines

ライセンス未取得の開催はもちろんのこと、ライセンス取得後も、ロゴの形状、カラー、開催の形式など、世界共通のレギュレーションによって守られています。

記憶に新しいところでは、2015年にフジテレビがライセンスを取得せずパロディ化して放映したことが問題になりました。
https://www.j-cast.com/2015/07/29241471.html?p=all

TEDやTEDxにご関心をお持ちいただけるのは大変嬉しいことですが、正しくご理解、ご参加いただけますようお願い申し上げます。
9    View on Facebook

News

TEDxShimizu 開催御礼

2015年3月8日、盛会のうちに静岡県下初となるTEDxイベントを終える事が出来ました。当会後のレセプションパーティーも含め、多くの方にご参加頂き、活発な交流を目の当たりにし、とても嬉しく思っております。

このような場の実現を、私自身とても楽しみにしていました。

これまで、保守的と言われるこの地域において、新しいことへの理解を得る事は非常に難しい事でした。
TEDxは、すでに県外では多く開催されているとはいえ、補助金に頼らず、人の好奇心と意欲を糧に、世界に挑戦するイベントに、どれほどの仲間が集まり、協力を得る事が出来るのか、やってみるまで分かるはずがありません。
実際、動き始めた当初は、悲観的な考えや頭ごなしの否定もありました。そして多くの無関心も。

そんな中、とても個性的で力強いメンバーが集まりました。時には衝突し、揉めながらも、それぞれが抱いて持ち寄ったモチベーションを失う事なく、少ない準備期間を突っ走りました。

結果、3月8日、清水ふれあいホールで目にしたものは、意図した以上の場でした。

そして、そこに相応しい参加者、素晴らしいアイデアを持ち寄った登壇者が揃い、舞台は整いました。

TEDxが終了後も、いつまでも興奮覚めやらず、その場が終わってしまうことを拒否するかの様に居続け、多くの方がレセプションパーティーにも飛び入り参加。そしてその盛り上がりを目の当たりにし、私自身はこれまでのこの地域にない素晴らしい場がそこにあったと感じています。
そしてそれを素晴らしい仲間と出会い、創りだせた事を嬉しく思いました。

当日、中継をご覧になっていただいた皆様、ご参加頂いた皆様、ご協力・ご支援頂いたパートナーの皆様には大変感謝をしております。

しかし、それ以上に、この素晴らしい場を一緒に作り上げた、メンバー、そして登壇者の皆様に最大限の謝辞を送る事を御許しください。

メンバーの皆さん、一緒にプレゼンを作り上げた登壇者の皆さん、本当にありがとうございます。

それだけ、TEDxShimizuの開催には多くの苦労がありました。

しかし、開催の喜びはその苦労を吹き飛ばすほどのものでした。
次は、浜松で9月にTEDxHamamatsuが開催されます。同県の仲間が、より素晴らしい場を生み出す事を、そして、私たちもさらに多くの方とこの地域にアイデア共有の機会を広げていける事を願っています。

この度は、TEDxShimizuへのご参加、ご協力頂き、誠にありがとうございました。

TEDxShimizu オーガナイザー
小林 賢太郎